源義経
(みなもとのよしつね)1159~1189

幼年時代の名は牛若丸。源頼朝の異母弟にあたる。
平治の乱で父・義朝を失い、母とともに大和国(やまとのくに・奈良県)に逃れて取り調べを受けるが、幼少のために命は助けられた。
その後に鞍馬寺へと送られるが脱出、陸奥国平泉(岩手県)の藤原秀衝(ふじわらのひでひら)のもとに長くかくまわれていたと伝えられている。
頼朝が挙兵するとこれに従い、巧みな奇襲戦法で平氏を壊滅させ、源平合戦の最大の功労者となった。
しかし、後に頼朝と軍事作戦をめぐって対立。所領を頼朝に没収され、追われる身となる。
諸国を流浪した後に再び藤原秀衝のもとへ身を寄せるが、最期は自刃という悲劇的な死を遂げた。義経の生涯は悲劇の英雄として多くの文学作品に描かれており、“判官びいき”の言葉もここから生まれている。

 
 「平家盛衰記」へ戻る   























 
 
 
 
 
 
 info@tofumiso.com
  
  Copyright © 2011  (有)たけうち  All Rights Reserved.