屋島の合戦
1185年

屋島(香川県高松市北東部)の戦いでは、勝負がつかぬまま夕刻を迎えた。
たがいに兵を引き上げたところへ、平家の女官が紅の扇を竿の先につけ、その竿を船に立てて源氏側の海岸へ漕ぎ寄せる。
「この扇を射よ」との平家からの挑戦に、受けて立ったのは那須与一。
義経の命により、与一は失敗したならば自害するとの覚悟で矢を放つ。
扇までの距離は七段(約76メートル)。それでも矢は見事に扇を射切り、沖でも平家が船のふちを叩いてその腕を褒め称えた。
この戦いでは源氏が勝利をおさめ、平家は屋島を追い落とされたのち、最後の合戦を迎えることになる。



 
 「平家盛衰記」へ戻る   






















 
 
 
 
 
 
 info@tofumiso.com
  
  Copyright © 2011  (有)たけうち  All Rights Reserved.