妓王

清盛が気に入り、屋敷に住まわせていた白拍子(男装をして歌を歌い舞を踊る女芸人)。
まだ二十歳にも満たない若く美しい妓王を、清盛はたいそう可愛がっていたが、ある日仏(ほとけ)という別の白拍子が邸を訪れる。
「呼んでもいないものを」と退ける清盛に、「仏も同じ白拍子。どうかお会いください」と取りなす妓王。しぶしぶ仏の舞を見た清盛は、その美しさに心を奪われ、手のひらを返したように妓王を母の元へと帰らせてしまう。
かわりに仏は邸へ入ることとなった。妓王は深く悲しみ、やがて妹の妓女、母とともに尼となって都を離れた。
妓王のはからいで舞を披露したものの、思わぬ結果となったことに心を痛めた仏は、やがて邸を逃げ出して妓王のもとへ訪れ、ともに尼となる。このとき仏はわずか16歳。
清盛に翻弄された若い二人は、その後も妓女や母と助け合いながら、嵯峨野の奥にひっそりと余生を送ったという。


 
                                                                                                             
                                                                                                            
  「平家盛衰記」へ戻る 

















Copyright © 2011  (有)たけうち  All Rights Reserved. 
 
 
 
 
 
 
 info@tofumiso.com